新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

耐震・免震構造

日本は地震大国といわれ、どこに住んでいても大地震に遭遇する可能性はあります。ましてやマンションに住んでいれば倒壊などの危険性も十分にあるでしょう。

 

ですが、マンションを建てる際には、しっかりと耐震・免震構造にはなっています。その技術はおそらく世界でもトップレベルではないでしょうか。ただ、それは中古マンションでも大丈夫かというと、実際はそうではないケースが多々あります。地震対策は日進月歩、日々進歩していますから、裏を返せば古くなればなるほど、耐震性。免震性は劣ってしまいます。そして、建物自体も古くなっていきますから、新築の時よりは弱くなっているかもしれません。しかも、一時期、マンションの手抜き工事が問題になりました。そのため、耐震・免震どころか逆に地震に弱いマンションになっている可能性があるのです。

 

新築分譲マンションのメリットは、最新の耐震・免震構造になっているというところでしょう。そして手抜き工事が問題になった後に建てられたマンションはさらに安心した構造になっているでしょう。ただ、どの業者がマンションを建てているのかということが重要になってきます。マンションの建築業者によっては、高い耐震構造を研究しているところもあれば、たいしたことのない業者もいます。そのため業者を見極めることも新築分譲マンションを購入するポイントとなるでしょう。

 

東日本大震災が発生した後、数年のうちに首都直下型地震がおこると予測する学者もいるようです。そのため、より高い耐震性、免震性が求められます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市