新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

修繕費がかからない

中古マンションを購入する場合、新築分譲マンションを購入するよりも費用がかなり安いということがあります。もちろんそれは中古マンションのメリットであり、新築分譲マンションのデメリットでもあるでしょう。

 

ただ、中古マンションの場合、購入してから部屋の老朽化などで直さなければいけない部分が出てくるのです。もちろん、購入してからすぐに必ず出てくるというわけではありませんが、それでも築年数が過ぎればそのリスクは高くなってしまうでしょう。もしかすると数十万円も修繕費がかかってしまうこともあるかも知れません。

 

たとえば、壁紙がくすんでしまったり、床の汚れがひどくなったり、トイレや浴槽などが壊れたりということもあるでしょう。また、中古マンションだと、新築分譲マンションほど設備が整っていませんから、必要となれば、それらの設備を自費で揃えなければいけないのです。

 

新築分譲マンションを購入する場合のメリットとしては、中古マンションの購入で起こりうる修繕費がかからないということです。もしかすると、購入してすぐに不具合があり直さなければいけないことが出てくるかもしれませんが、それはマンションを建てた側の問題になります。そのため、入居者側の負担にはならないでしょう。

 

もちろん、新築分譲マンションでも数年、数十年過ぎてしまえばいろいろと壊れてしまうところも出てくるかも知れませんが、中古マンションほどすぐに出てくるということはないでしょう。そして設備も最新ですから、特に新しくするということもないのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市