新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

ローンの審査が通りやすい

マイホームを購入する際、ほとんどの人が住宅ローンなどで融資を受けることでしょう。その際には、金融機関での審査があるのですが、新築分譲マンションを購入する場合は、その審査が通りやすいというメリットがあります。

 

その理由として、一つはその物件の評価額が高いということでしょう。住宅ローンで融資を受ける場合、ほとんどがその物件を抵当に入れます。その評価額が高いほど多くの融資を受けられるというわけです。中古マンションだと、老朽化もありどんどんその評価額が減っているのです。一方、新築分譲マンションの評価は高いですから、それを担保に融資を受けることができるのです。

 

また、もう一つの理由に、建築基準法の問題があります。マンションを建てる場合も建築基準法に従って建てなければいけません。その建築基準法に基づいて建てたマンションは、耐震性・安全性が確約されていますから、住宅ローンの審査が通りやすいのです。

 

「中古マンションだって建築基準法にのっとって建てられているはず」と思うかも知れません。建築基準法に違反して建てることはできませんから、中古マンションも建築基準法の違反はしていません。ただ、それはその当時の建築基準法ということで、年々法律は改正されていますから、今の法律には当てはまらない部分もでてくるのです。もちろん、だからといって取り壊さなければいけないわけでもないのです。

 

そのため、中古マンションを購入する場合、今の建築基準法には沿わないマンションもあり、その場合はローンの審査が通りにくいのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市