新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

費用が高い

新築分譲マンションのデメリットとも言えることは、当たり前なのですが購入費用が高いということです。もちろん、階層や部屋の位置によっても価格は違ってくるかもしれませんが、同じ大きさの中古マンションと比較してもかなり差が出てしまうでしょう。

 

購入費用が高いということは、それに付随する費用もアップするというわけです。たとえば、マンションを購入しても消費税はかかります。1,000万円のマンションでは単純計算では50万円の消費税ですが、2,000万円の新築分譲マンションなら100万円もかかってしまうのです。そして固定資産税、所得税も大きく変わってくるのです。また、新築分譲マンションの場合、中古マンションにはない最新のセキュリティシステムや設備が整っていますから、その分高くなっていることもあります。

 

たとえば、新築から1年しか経過していない中古マンションと比べたとしても新築分譲マンションは数百万円の差が出てしまうでしょう。不景気の昨今、新築分譲マンションを購入したくても、費用が足らないために中古マンションにするという人も増えているようです。

 

ただ、新築分譲マンションは、一度購入してしまえば、しばらくは部屋の修理や設備投資も行わなくて済みますから、費用は高いといってもそれ以降はあまり費用はかからなくなるのです。

 

もちろん、購入費用が高くなってしまうと、住宅ローンの融資金額も多くなり、月額返済額も上がり、年数も増えてしまうことでしょう。そうすれば利息も増えますから無駄な費用も増えてしまうのもデメリットでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市