新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

モデルルームを見る

中古マンションの場合、実際に検討している部屋を確認して決めることができます。新築分譲マンションも完成してから売り始めるところもありますから、確認できる場合もあります。

 

ですが、新築分譲マンションには、完成する前から販売を開始することもよくあります。そうすると、実際の部屋を見ずに購入しなければいけなくなります。間取り図を見たところで、やはり現物を見ない事には始まりません。実際に入居してみたところ、思ったよりも部屋が狭かった、使いづらかった、天井が低いなどのクレームが出てくる事もあります。ただ、このクレームを出したところで、よほどの欠陥住宅で無い限りは無効になる事はないでしょう。

 

そうならないためには、マンションの販売業者では、実際の部屋と同じようなモデルルームを建てています。それを見ればある程度部屋の感じがつかめますから、実際の部屋を見ることができない人は、必ずモデルルームを見学してみなければいけません。逆にモデルルームも見学せず、購入してから文句を言っても、「モデルルームを見ていただければ分かったはずですが・・・」と言われるでしょう。

 

もちろん、所詮はモデルルームですから、実際の部屋とは違います。実際に住むとなると、日当たり、風向き、防音設備などの効果は分かりません。そのため、モデルルームを見ただけでは決めることできませんが、一つの情報として知っておかなければいけません。ただ、実際の部屋を確認できるようなら、モデルルームを見る必要はないでしょうが、キッチン周りの使い心地などは試してみてもいいかも知れません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市