新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

階層

新築分譲マンションを購入する場合、どの階層にするかというのも重要なポイントになるでしょう。

 

同じマンションなのだから、どこの階層だっていい、と思うかもしれません。ただ、高層マンションの場合は、1階と最上階では特徴がまるで違います。また2階、3階とでも違いますから、どの階がいいのかしっかり検討することです。特徴が違うのですから、どの階が一番いいのかというのは人それぞれ感じ方が違います。

 

最上階のメリットと言えば、見晴らしがいい、日当たり、風通りもいい、ということがあります。ですが、高所恐怖症の人は苦手でしょうし、エレベーターになるでしょうが、外に出るまでには時間がかかります。万が一停電などになれば、階段を利用して登らなければいけません。また新築分譲マンションでは、免震構造が備わっており、動かないようにするのではなく、逆に動いて揺れを逃がすように出来ています。そのため最上階は大地震の時には激しく揺れる事でしょう。そして火事の時なども避難するのに最上階は大変です。

 

1階は、行き来をするのに簡単だという事もありますし、災害の時には窓からでも逃げることができます。また高所恐怖症の人は1階の方がいいでしょう。ただ、1階の場合は、外を歩いている人から見られたりします。また最上階以外で言える事は、やはり自分の上の階の音が響いてしまうという欠点があります。

 

基本的に新築分譲マンションは、自由に階層を選べますが、売れてしまうと希望の階層が残っていない事もありますから、早めの選択が必要となります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市