新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

中古分譲マンション

新築分譲マンションと中古分譲マンションの違いは、一番は何と言っても購入費用が違います。中古分譲マンションといっても、築年数が違いますからその金額は一概に言えませんが、場合によっては新築分譲マンションの半額以下で購入することができることもあります。ということは、住宅ローンを組む場合にも、返済が楽ですし、返済期間も短期間で済みます。それにより無駄な利息も支払う事が無いでしょう。

 

ただ、中古分譲マンションの場合、当たり外れが激しいです。購入してから1〜2年で修理しなければいけないところがでてきたりしますので、購入費用が安い半面、購入後にもいろいろと費用がかかってしまうというところがあるのです。また、中古分譲マンションの場合は、新築分譲マンションに比べて、設備があまり整っていないということもあります。そのため、生活を快適に過ごすためには設備を新しくするのにもいろいろと費用がかかってしまうのです。

 

また中古分譲マンションを購入しようと思っても、当たり前ですが空きが無ければ入居する事も出来ません。そのため、たとえ空きがあっても希望の階層に住むことができないかもしれません。むしろ条件の悪い物件だけが空いてしまうかもしれないのです。そして、中古ですから、以前誰かが住んでいたわけですから、どんな人が住んでいたのかがわからないという事もあります。

 

中古と新築どちらがいいのかというと、考え方は人それぞれですが、費用があるならば新築マンションにした方がいいかもしれません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市