新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

一戸建て

マイホームを持つ時、やはり新築がいいと思うのは誰も同じでしょう。その際には新築一戸建てにすべきか、新築分譲マンションにするのか、2つの選択肢があります。

 

一戸建てと分譲マンションとの違いは、やはり部屋数、部屋の広さでしょう。間違いなく一戸建ての方が部屋数も多くなります。ただ、部屋数が多ければ多いほどいいのかというとそういうわけでもありません。家族が少ないのに、部屋が多くても無駄になってしまいます。そのため、おじいさん、おばあさん、夫婦、子供というように人数が多い家族は一戸建ての方がいいでしょう。逆に夫婦と子供、もしくは夫婦だけというような核家族の場合は分譲マンションの部屋数があれば十分でしょう。

 

また、費用の面から言えば、同じ地域に住むのを前提で考えるのなら、間違いなく分譲マンションの方が安く済みます。それは土地代がかからないからです。都会になればなるほど土地代が高くなりますから、よりマンションの方がいいです。また購入後も固定資産税がかかりますが、一戸建ての場合は建物に対する固定資産税の他にも土地に対する固定資産税もかかるので、維持費もかかるのです。

 

ただ、一戸建ての場合、土地が十分にあれば、庭も作ることができます。そのため、庭でいろいろなことができるメリットもあります。ただ、これも大家族だからこそ必要なことです。やはり大家族は一戸建て、核家族はマンション、というように考えてみた方がいいかもしれません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市