新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

キャンセルはできるの?

新築分譲マンションを購入する契約をしてから、諸事情により購入することができなくなった、不都合が出てきたという人も少なからずいるようです。実際に契約を交わした場合、キャンセルはできるのでしょうか?

 

基本的に、契約を交わしてからはキャンセルをすることはできません。キャンセルが簡単にできないための契約なのですから、当然と言えば当然です。じゃあ、住むことができないのに購入しなければいけないの?と思うかもしれません。正確に言うとキャンセルができないというわけではなく、もしもやむを得ずキャンセルするという場合には、違約金が発生してしまいます。

 

それはどれくらいかというと、契約の際の手付金相当額をキャンセル料、違約金として支払わなければいけなくなります。その手付金の金額は、実際の購入金額の5〜10%と言われています。2,000万円の新築分譲マンションを購入すれば100〜200万円ほど支払わなければいけなくなります。

 

ただ、場合によっては支払わなくてもいいケースもあります。それは建てた物件が欠陥住宅等の場合です。その場合は逆にマンションを売る側の責任という事になりますから、違約金は発生しないでしょう。ただ、どこまでが欠陥住宅であるのかの定義はありません。隣の声が聞こえるので欠陥住宅だという程度では認められないかも知れません。

 

基本的には契約後は、キャンセルはできないものだという事をしっかり頭に入れておき、本当に住むということが決まってから契約を交わすことです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市