新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

どれくらいのローンを組める?

新築分譲マンションを購入する場合には、ほとんどの人は住宅ローンを組むことになるでしょう。住宅ローンを組むことで、高額になる新築分譲マンションも比較的楽に購入することができるのです。

 

ただ、住宅ローンはいくらでも組めるというわけではありません。結局のところ融資を受けるわけですから、返済できる金額でなければいけないのです。もちろん金融機関でも、しっかりと返済できるかどうかを審査するわけですから、少ない収入、安定していない収入の人に多額の融資をしてもらえるわけではありません。

 

その金額というのは、収入または職業、年齢によっても異なります。ではいくらあればいいのか、というと、1年間の返済金額が、その人の年収の25%〜30%くらいが目安といわれています。近年、ボーナスをもらえる職業は限られていますから、ボーナスを抜きにして考えれば、毎月の返済額が月給の25〜30%程度までとも言えます。もし、月収30万円の人なら、月々の返済額は75,000円〜90,000円までということになります。これは、一般の人が普通の生活を送る場合には、年収の30%くらい貯蓄に回せるだろうということからです。

 

ただ、これは収入が高くなればなるほど、生活に余裕が出ますから、35%以上でも審査が通る場合もあります。また、自営業などは安定収入ではありませんから、もっと厳しいかも知れません。ただ、住宅ローンは20年、30年と長期にわたって返済していくものですから、将来のことも考えて余裕のあるローンを組まなければいけないでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市