新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

購入時に必要な書類

実際に、新築分譲マンションを購入するという場合、いろいろと必要な書類があります。まずは購入に関しては、一戸建て購入よりも複雑になります。それは、自分で建てるものと、他の人が建て、多くの住民と同じ建物に住むという事ですから、いろいろと必要なものが増えるのです。

 

必要な書類としては、マンションの所有者との売買契約書は第一に必要な書類でしょう。マンション全体に関する重要事項説明書、マンションに住むためのルールのようなものが書かれている管理規約集が必要です。その他にも、長期修繕契約書、公図・地籍測量図、登記簿謄本、平面図・立体図・間取り図など、建築確認通知書・検査済み証などが必要になるのです。マンションによって、必要書類はもっとあるかもしれませんので、しっかりと確認をして、準備できるものは忘れずに準備するようにしましょう。

 

また、中古マンションと違って、新築分譲マンションはかなり費用がかかります。そのためほとんどの人は住宅ローンの融資を受けることになるでしょう。そのため、住宅ローンの申請にもいろいろな書類が必要になります。その書類とは、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類、源泉徴収や収入証明書などの収入が確認できる書類、印鑑証明書とそれの印鑑、住民票、健康保険証のコピーなども必要になります。その他に、マンション購入時に使う売買契約書、重要事項説明書、平面図・間取り図なども必要です。これも融資を受けようとする金融機関に聞けば、印刷して渡してくれるでしょう。

 

このように新築分譲マンション購入にはかなり多くの書類が必要になりますから、しっかりとメモしておくといいでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市